ファッションの服を作る会社の通販や売買以外の事業

ファッションで利用される服を作るメーカーは製造だけを担当したり、小売りも受け持つというケースがあります。輸送に関しては物流企業に任せて、通販の売買におけるカード払いはカード会社に委託するということもあります。このとき、原材料から始まり消費者まで届くという終点をすべてメーカーが担当するというやり方もあります。

原材料調達においては、新規部署の立ち上げや子会社を設立して原材料の仕入れを担当させます。



商品の保管及び輸送に関しては、子会社などを立ち上げて倉庫の建設やトラックの購入をして体制を整えます。
販売店に関しては、人工が多い地域に集中して出展してそれ以外の地域に関しては通販で対応します。

wikipediaに関するご案内です。

金融特にカード払いに関してはそのメーカーのブランドによる新たなカードを作成して、入会などをしてもらいます。

ファッションの服を通販で売買するときにカード払いすればするほど、特別サービスを受けれるようにします。
工場や倉庫での機械の保守点検については、それを専門的に実施する子会社を作って担当させます。

人材派遣については工場や倉庫や実店舗などにおいて就労する人を集めて、それぞれの現場へと派遣していきます。



ファッションのメーカーが通販での売買をする以外にも、服の製造の流れに必要な仕事をカバーするという選択もあります。
機転から終点までのトータルを一つの企業がやることにより、その分その事業における売上を得ることができます。