ファッションの服の通販の売買後までの流れ

消費者がファッション用の服を通販で売買後に、自宅まで届くというのは全体の流れの一つになります。


なぜなら一つなのかというと、服を新しく作る場合には原材料を揃えてから製作していく必要があるからです。

さらに、消費者のもとまで届けるには完成された商品を市場に流通させていくことが求められるからです。
服を製作するメーカーが新たなファッション用の服を製作するときには、原材料を取り扱う会社から仕入れをします。
このとき、服のメーカーが直接原材料を揃えるために専門の部署を設置するという選択肢もあります。

その後原材料を入手したら、服作りの現場まで運んで機械や労働者の手で製作を行っていきます。

製品が完成したら今度は、メーカーあるいは物流企業もしくは小売店の倉庫まで移送して保管します。


その後メーカーあるいは小売店の通販サイトに注文が届いたら、商品を注文者のもとまで輸送します。そして注文者のもとに通販で注文したファッションで使う服が届けられて、売買が行われていきます。



なお売買に関しては、インターネットサイトでの注文時にカード払いが選ばれたらその場で終わるケースがあります。



なお輸送に関しては、商品の保管から発送までのすべてを行うところを選定するというやり方もあります。

MERYといえばこちらです。

このように消費者のもとへ商品が届けられるのは、全体の流れのうちの最後の部分に該当するのです。

この全体における流れが連続していくことによって、商品が注文をした人のところまで運ばれていくのです。